多動力 感想

定期的に読んでいる堀江貴文さんの多動力。

同じ本を何回も読んでいると、毎回気になる箇所が異なってくる。
本を読んだときの自分の状態や状況等で感想も変わる。

多動力のある人間になるには、「やらないものを決める」こと。
自分の不得手な仕事や、わくわくしない仕事はお金を払ってでも他人に任せる。

昨年までできていたデリケーションが、今年に入ってからは全くできていない自分に気がつきました。

新しい領域にチャレンジしたことによって、また「ひとりでやらなきゃ感」が全面に押し出され、潰れかかっている自分がいる。

さっそく、1つの仕事を人に任せるよう手配しました。

多動力の強みは、すぐに実行に移せるチェックリストがあるところですね。
今後も定期的に読み返し、多動力を鍛えていきたいと思います!

読書

Posted by growthrecord